トイレがつまる症状の深刻さの判断

水を流すことはできるが、便器の流れが悪かったり、水位が高くなったりする

トイレつまりの軽度な状態として水は流れても時間が少しかかり水位が少し上がる状態があります。このつまりの原因は便器か排水管になんらかの異物が、定着して本来の水の流れを妨げているからです。このような状…

Learn more

水を流すとタンクの方から異音がしたり、流れてくる水の量が少なかったりする

トイレからこれまでに聞いたことがない音がする場合、かなりの確率で何かしらのトラブルが起こっていると考えられます。まず「ポコポコ」と泡が出るような音がする時ですが、これは詰まりが原因である場合が多い…

Learn more

水を流すとウォシュレットが誤作動したり、水を流す以外の行動が起こったりする

センサーの劣化が主な原因

トイレで水を流すとウォシュレットが誤作動を起こすなど、本来の用途とは異なる動作が生じるトラブルがあります。これはコンピューター制御されているトイレ特有の減少であり、トイレの排水機能に関係するセンサーの劣化が原因です。コンピューターのセンサー部分は消耗品であり、年月の経過と共に劣化して誤作動が起きやすくなります。トイレは常に湿気が籠る他、水を流す度に微小な飛沫でセンサー部分が濡れるので劣化しやすいのです。劣化した部品をそのまま使い続けるとトイレを制御するコンピューターの本体にも深刻なダメージが生じてしまい、遂にはトイレを丸ごと交換する羽目になってしまいます。高額な出費になってしまうので、劣化したセンサーは速やかに交換するのが賢明です。

配管の詰まりが誤作動を誘発するケースもある

旧式のトイレではあり得ない現象ですが、排水用の配管が詰まることでトイレの誤作動が起こるケースもあります。排水からウォシュレットの起動をすべてコンピューターで制御している最新式のトイレは、便器に付属しているタンクや配管のセンサーの反応によって水量の調節を決めています。そのセンサーが劣化すると適切な水量ではなくなったり、排水とは無関係な部分を動かしてしまうのです。配管のセンサーについては排せつ物やトイレットペーパーなどの異物がこびり付くことで誤作動を引き起こすことがありますが、どんなタイミングで生じてもおかしくないトラブルなので未然に防ぐのは困難です。排せつ物などは少量ずつ流して配管の内部に残らないようにするのが、自分でできるトラブル予防の工夫になります。

トイレがつまったときの対処法

一人で対象しなければいけない場合

Learn more

他人を呼べる環境である場合

Learn more

対処できないと判断した場合

Learn more