水を流すとタンクの方から異音がしたり、流れてくる水の量が少なかったりする

異音がする原因とその深刻度

トイレからこれまでに聞いたことがない音がする場合、かなりの確率で何かしらのトラブルが起こっていると考えられます。まず「ポコポコ」と泡が出るような音がする時ですが、これは詰まりが原因である場合が多いです。ただし深刻さとしては軽度で、完全に詰まっているわけではないため、いわゆる「スッポン」などど呼ばれる道具を使ってみましょう。しかし何もせずに放置すると完全に詰まりますから、早めの対処が改善の鍵です。他に水漏れの音がしている場合は、やや深刻な状態です。部品が破損している可能性が高く、そのままにするとやがてトイレ内が水浸しになったり、高額な水道料金が請求されたりします。自分で直せないことはありませんが、特殊な部品が多いので自信がないなら専門の業者に相談しましょう。

水の量が少なくなる原因

水の量が少なくなる主な原因は大きく分けて二つあります。その一つがタンク内の水位が正常ではない場合です。トイレタンクの中には、水位を調節する浮き玉があります。これが劣化してくると、水位が正しい位置まで行かなくなり流れる水の量が少なくなるのです。この場合はそれほど深刻ではなく、浮き玉を新しいものに交換すれば良いです。そして水量が少なくなる二つ目の原因ですが、トイレの内部で何かが引っかかっているケースです。イヤリングや指輪といった小さなものでも、引っかかっている箇所によっては水流の量に影響を与えます。特に奥の方で止まっているなら相当深刻な状況で、場合によっては床を剥がして配管を調べなければいけません。