他人を呼べる環境である場合

可能であれば止水栓を閉める

トイレが詰まった場合、まずは被害を最小限にするため作業の準備をしましょう。センサータイプのウォシュレットの場合は、ゴム手袋をしてプラグを抜きます。理由は便器内の水が増えると溢れやすくなってしまうからです。ゴム手袋の装着は衛生面もありますが、感電防止という意味合いが強いです。プラグを抜いたら止水栓を閉め、水が溢れない状態にします。止水栓はトイレタンクについていることが多いですが、トイレの形状によっては止水栓の場所が違うので、予め確認しておくといいでしょう。

集合住宅などマンションタイプの物件に備え付けられているトイレは、玄関横のパイプシャフト内に止水栓がある場合もあります。築年数が多い場合、配管が老朽化していることがあるので、その場合は注意しましょう。

まず行うべき対処方法

準備が完了したら作業に移ります。単純な詰まりの時に用意するものは、ゴム手袋と水入りバケツ、他には新聞紙とラバーカップと火バサミです。水が飛び散ってもいいように新聞紙を床に敷き、便器内の異物を火ばさみで除去します。次にラバーカップを穴に密着させ、何度か押し引きを繰り返します。ここまでの工程で水が引いていれば、事前に用意しておいた水を流して完了です。ラバーカップで解消できない場合は重曹や、ぬるま湯などを流して一時間程度様子を見ましょう。

しばらく時間を置いても上手くいかない場合は、配管や下水など大きな箇所が原因になっていることもあります。一度業者に現状を伝え、個人での修復が難しい場合は依頼してみましょう。