水を流すことはできるが、便器の流れが悪かったり、水位が高くなったりする

溜まった水位の上昇はつまりのサイン

トイレつまりの軽度な状態として水は流れても時間が少しかかり水位が少し上がる状態があります。このつまりの原因は便器か排水管になんらかの異物が、定着して本来の水の流れを妨げているからです。このような状態で取り敢えず使用することが可能でも、放置することで定着した異物が他の異物を巻き込む可能性があります。その結果トイレの水路をさらに妨げることになり、水を流せば溜まる水位が上昇する状態になってしまいます。典型的なトイレつまり状態の解消法は、つまっている場所やつまり具合などでも変わります。徐々に水位が下がる場合は、水路の流れがつまりつつあると考えられます。しかし上昇した水位がいつまでも変わらない場合は完全につまった状態と言えます。

つまったときの色々な注意点

注意点としてトイレがつまったときにレバーを引いて2度も3度も水を流さないようにします。何故ならつまった状態で再度流してつまりが解消されれば良いのですが解消されない場合、溜まった水位がさらに上昇して便器から水が溢れることも考えられるからです。そしてトイレつまり解消の道具としてラバーカップを使うときも注意が必要です。本来ラバーカップの使用が有効になるのは程度が比較的軽いと言われる、トイレットペーパーなどの紙のつまりによるものです。そのためつまりの原因を無視してラバーカップを使用すれば排水管を損傷する可能性があります。他にもレバーを引いても水の流れが弱い場合は、便器自体の問題では無く水を溜めているタンクが原因のときもあります。